保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学総合ポータル / サイトマップ
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室
  2017年度 春学期定期試験について
(教務学生係)
 医学部保健学科の定期試験は,以下の要領により実施されます。関連する掲示等に十分注意して間違いのないよう受験してください。
1 定期試験日程等について
  1. 本年度より学年暦に定期試験期間は、設けられていません。
    試験実施日程については、担当教員の指示をよく確認するようにしてください。
  2. 定期試験は、原則として通常の授業時間割帯に、授業実施時の教室で実施します。ただし、一部の科目では、試験が通常とは異なる時間帯で実施されたり、教室を変更していたりすることがありますので、こちらについても担当教員の指示をよく確認するようにしてください。
    また、試験が多く実施される春学期の最後の2週間平成29年7月25日(火)〜 平成29年8月7日(月)については、以下の定期試験時間割のとおり実施しますので、それぞれの受験科目について、各自確認してください。
     
    定期試験時間割
    (PDF)
    1年生 2年生 3年生 4年生

     
  3. 上記の期間で、試験日等の変更が起きた場合、随時掲示で連絡しますので、注意してください。
  4. 科目によって上記の期間に授業等が実施されることがありますので、担当教員の指示をよく確認するようにしてください。
  5. 試験の結果(合否)は、第2講義室前の掲示板に、担当教員から提出があり次第、随時掲示して発表します。
  6. やむを得ない理由(病気、忌引、自然災害等)で試験に欠席した者は、直ちに教務学生係へ申し出てください。追試験の受験を願い出ることができます。なお、病気による欠席の場合は、医師の診断書が必要となります。
  7. その他,学生便覧をよく読んでおいてください。
2 定期試験受験の際の注意事項
  1. 試験に必要な筆記具(鉛筆,シャープペンシル,予備の筆記具,消しゴム)および時計,その他,指定のあったもの以外は机上に出さないこと。筆箱は手荷物に入れること。
  2. 携帯電話は電源を切り,手荷物に入れること。
  3. 学生証を机上に提示すること(学生証を忘れた場合は,試験監督者に申し出てその指示に従ってください)。
  4. 指定の物以外を机上に出すこと,他人の答案および指定されたもの以外を参照して解答をすること,私語など会話,は不正行為とみなします。
  5. その他,疑わしい行為も不正行為とみなされることがあるので十分注意をすること。
  6. 不正行為のあった場合は,今期の全ての単位が認められなくなります。また更に処分が加えられることがあります。
  7. 落としたものを拾うなど,解答以外の行為を行う必要がある場合は,手を挙げて試験監督に申し出て許可を得ること。
  8. 試験開始後の入室許可は原則として試験開始後20分以内とする。
  9. 試験実施者が認めた場合,試験開始後30分を経過した後は退室が可能である。
  10. 一旦退室した者は原則として当該科目の試験が終了するまで再度入室することを認めない。
  11. 受験中の物品(消しゴムなど)の貸借は認めない。
3 学業成績表について

 受講科目の成績は,8月22日(火)以降,web上にて確認することができます。また,修得単位の確認後,指導教員と連絡をとり,履修の指導を受け,今後の履修において間違いのないよう注意してください。

[問い合わせ先] 教務学生係
 〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
    名古屋大学医学部(保健学科)教務学生係
    TEL (052)719-1518,1521,1598,1522,1985
    窓口業務 平日 9:00 〜 17:00(火・木のみ 18:00まで)
         (授業期間外 平日 9:00〜12:00, 13:00〜17:00)
保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU