保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学部総合ポータル / サイトマップ
  メッセージ
保健学統括専攻長・保健学科長あいさつ
国際水準の研究力をもった次世代情報化社会におけるヘルスケアサイエンティストの育成を目指す
保健学統括専攻長

 
 
総合保健学統括専攻長・保健学科長 寳珠山 稔
 


  
 名古屋大学医学部保健学科は、1997年(平成9年)に国内では数少ない5専攻(看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学)を有する医学部保健学科として設置されました。2012年(平成24年)には、大学院医学系研究科として大学院中心の研究・教育組織へと組織強化を進め、2020年度(令和2年度)には、来るべき情報化社会の中で様々な医療関連分野でリーダーとなる“ヘルスケアサイエンティスト”の育成を目指す「総合保健学専攻」として情報科学の研究と教育を取り入れた新たな大学院体制へと組織改編を行いました。名古屋大学が掲げる「世界屈指の知的成果を産み出す」、「勇気ある知識人を育てる」という基本目標のもとに、情報科学リテラシと国際力をもった保健医療分野の人材育成を推進し、学生が夢を描いて成長し、社会に貢献する人材となっていくための研究教育活動に取り組んでいます。

 本邦では社会全体の情報化とともに高度先進医療と医療情報科学がめざましく発展しつつあります。本学科・大学院は保健医療分野研究の発展を国際的レベルで目指しつつ、医療専門職にとどまらない幅広い医療関連分野で活躍する人材育成を目指しています。本学科・大学院の教育では、これまで大学・大学院と臨床現場の病院との連携による人材育成、研究・教育の発展に努めてきています。さらに国際力のある人材の育成として、「博士課程教育リーディングプログム─「ウェルビーイング in アジア」実現のための女性リーダー育成プログラム─」(2013年度・文部科学省採択)に取り組み、幅広い視野を持つグローバルリーダーの育成を図ってきました。さらに2020年度の大学院(保健学)組織改編と目標を同じくする「情報・生命医科学コンボリューション on グローカルアライアンス卓越大学院(2019年度・同採択)」への参画し、世界水準の研究と次世代の情報化医療を担う人材の育成に努めています。

 名古屋大学の自由闊達な学風で育った卒業生・修了生には、激しく変化する社会やこれまで経験したことのない世界的な事象の中で保健医療分野に山積する問題に、臆せず自信をもって立ち向かってほしいと願うものです。

名古屋大学特定基金(ご寄付のお願い)
名古屋大学特定基金
保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
タイ保健医療体験入門研修
タイ保健医療体験入門研修
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU