作業療法とは?

作業療法学は、人間の体や病気の知識をベースとして持ちながら、人間の生活を科学的に分析し、障害がある方への支援の応用する学問です。その蓄積は、様々な作業活動を介し、社会生活を制限する障害を改善・軽減することや生活環境の調整によって、心や体に障害を持つ方々が、その人らしい社会生活を営むための支援や援助という形で、社会的ニーズの高い保健・医療・福祉の領域に大きく貢献しています。

国際社会へ寄与

作業療法学講座では、リハビリテーションや作業療法領域での科学技術や研究開発の発展に国際的に寄与できる研究者と高度専門職業人の育成を目指しています。障害があることで生じる特別なニーズに応えるために、保健学という学際的視点を生かしながら、専門的な基礎的研究と臨床的研究、創造的開発を推進します。これらの研究を押進め、その成果を次世代国際社会へ発信しています。

充実の学生生活

4年間の大学生活を通して、学生は様々な体験をします。1年次には作業療法学の垣根を超え、総合大学ならではの文理融合した教養科目を履修し、豊かな教養を身につけます。様々な領域における第一線の教員からの授業は、基礎としての豊かな学問の土壌となり、学生の学習やその後の活動を促進しています。また多くの学生がサークルや部活動に所属したり、伝統ある名大祭に参加したり、学部の枠を超えた交流を行っています。2年次以降は専門科目を学び、病院や施設で実施される臨床実習に参加します。3年生前期からは研究法や卒業研究を履修し、指導教員の指導の下、大学院生らと共に研究室に所属し、一つの研究を遂行し、報告します。

さらなる可能性

大学院の5年間の生活は、学生にとって、学部生活にも増して多くの可能性が用意されています。この期間に多くの学生が語学研修や研究活動、国際学会などで海外渡航し、国際的に活動できる研究者としての基盤を整えています。

就職率は100%

作業療法士(Occupational Therapist)は、以下のような病院や施設あるいは地域で活動しています。